退職願と退職届の違い

更新日:

退職願と退職届の違い

会社に退職の意思表示をし、雇用契約の終了を会社に通知する書面として『退職願』と『退職届』の2つの言葉が使われますが、今回は『退職願』と『退職届』の言葉の意味の違いと、その使い分けについて見ておきましょう。

退職願と退職届の違い

『退職願』

会社に対して、退職を願い出る書類で、退職したいと考えている意思表示のスタートとして提示する書類です。退職『願』の時点では、会社から退職を却下されたり、退職時期の変更を相談されたりするという可能性があります。

『退職届』

自分の退職の意思を会社に対して通告し、退職の可否を問わない(会社に問わせない)書類になります。

『退職願』と『退職届』の違いとしては、『退職願』は会社との話し合いや慰留により、本人が取り下げることが可能ですが、『退職届』は一度受理されると、社員側からは撤回できません。使い方を誤ると、取り返しのつかないこともありますので注意が必要です。

 
 

退職願と退職届の使い方

一般的に考えると、退職は「円満退職」が望ましく、退職の意思表示は「就業規則に定められた申出日」までに行うことが通常の退職手順ですので、以下の手順で進めていくのが良いでしょう。

通常の退職の流れ

  1. 『退職願』により、希望する退職日に対して就業規則に定められた申出日までに、上司に退職の意思表示を行う。
  2. 上司(会社)との打ち合わせにより、引き継ぎの期間、退職日を調整する。
  3. 上記で決まった退職日で、『退職届』を上司(会社)に提出する。

退職願と退職届の注意点

『退職願』や『退職届』に記載する退職理由は、どちらの書類も「私事、一身上の都合により」と記載し、詳細は記載しないようにします。(例えば「転職のため」とか「上司とのトラブルのため」のような理由は(実際にあったとしても)会社との正式な書面では出さないということです)
 
『退職願』や『退職届』の書類としての重要なポイントは、会社として、社員本人の意思による「自己都合退職」であることを証明し、社員の退職が「解雇ではない」ことを示す重要な書類 となります。退職時の状況・事由に対して、会社と社員で相違点があって争いになるようなケースでも、退職願・退職届が重要な証拠になりますので注意が必要です。
 
会社側にブラック的な問題があり、それが原因で退職する場合は、通常の退職手順を踏んで『退職願』や『退職届』を提出するのではなく、弁護士による退職代行サービス を利用することも検討するのが良い場合もあります。

状況によっては、未払い残業代などを会社に請求できる場合もありますので、まずは弁護士に相談してみると良いでしょう。

「退職代行」なら

365日全国対応!即日退職!

労働組合法人「退職代行ガーディアン」
退職代行料金:29,800円

労働組合法人運営なので退職時のトラブルもなく安心して任せることができます。退職代行の中では料金も良心的。相談は LINE・電話で。もちろん全国どこでも対応


詳しくはこちら 

Copyright© 退職代行のことなら「退職代行なび」 , 2020 All Rights Reserved.