転職活動は退職する前に始めるべき?メリットとデメリットを紹介

更新日:

退職する前に転職活動をするメリット・デメリットとポイント

会社を辞めようと思ったとき、「転職活動は退職する前に始めるべき?それとも退職した後の方がいいの?」という疑問が浮かぶ人も多いのではないでしょうか。

基本的には「在籍中の企業がブラックすぎて、今すぐ辞めたい」など、特別な理由がない限りは退職する前に転職活動を始めるのがオススメです。

ということで今回は、退職する前に転職活動をするメリット・デメリットや、退職前に転職活動をする場合のポイントについてご紹介しましょう。
 

退職する前に転職活動をするメリット

退職をする前、つまり今の仕事を続けながら転職活動も並行して進める場合のメリットはどんなものがあるのでしょうか。

具体的には「経済的な不安がないため、焦らずに転職活動ができる」「在職企業に留まるという選択肢があり、心の余裕が持てる」「職歴にブランクが生じない」の3つが挙げられます。

それぞれ詳しく解説していきましょう。
 

 
 

1:経済的な不安がないため、焦らずに転職活動ができる

退職する前に転職活動をするメリットの1つ目は、経済的な不安がないので、焦らずに活動できるということです。

転職活動では、面接のたびに交通費がかかりますし、場合によってはスーツやバッグなどを新調する人もいるでしょうから、いろいろと出費がかさみます。

そんな中、転職先がなかなか決まらなかったとしても、在職企業から毎月きちんと給与が支払われるので、経済的に不安になることがありません。

焦らずに転職活動を進めることができるのは大きなメリットだと言えるでしょう。
 

2:在職企業に留まるという選択肢があり、心の余裕が持てる

退職する前に転職活動をするメリットの2つ目は、在職企業に留まるという選択肢もあるため、心の余裕が持てる点です。

退職してから転職活動をする場合、なかなか転職先が決まらないと焦りが出てきて、徐々に「どこでも良いから入社したい」と投げやりな考えになってしまうことがあります。

一方、退職する前であれば、たとえ希望の企業に受からなかったとしても、いま働いている会社でそのまま働き続けるという選択肢があるため、心に余裕を持つことができるのです。

せっかく転職したのに、以前よりも労働環境が悪くなってしまえば本末転倒。

そのため、自分が納得いくまでじっくり転職活動に取り組むことができるのは大きなメリットだと言えます。
 

3:職歴にブランクが生じない

退職する前に転職活動をするメリットの3つ目は、職歴にブランク(離職期間)が生じないということです。

実は、職務経歴に3か月以上のブランクがあると、転職に不利になることが多くなります。

なぜかというと、仕事に対する意欲がないのでは?と考えられたり、即戦力として活躍できるか不安視されたりするためです。

また、面接でブランクの理由や、その間に何をやっていたのかなどを聞かれたときに「転職活動をしていましたが、なかなか次の仕事が決まらず・・・」と答えてしまうと、無計画な人だと思われたり、何か採用されない原因があるのではないかと勘繰られたりすることも。

すべての企業が気にするわけではありませんが、ブランクはないに越したことはありません。
 

退職する前に転職活動をするデメリット

退職する前に転職活動をするデメリットはどういったものがあるのでしょうか。

具体的には「転職活動の時間を確保することが難しい」「退職交渉が難航することもある」という2つが考えられます。
 

1:転職活動の時間を確保することが難しい

退職する前に転職活動をするデメリットの1つ目は、転職活動の時間を確保することが難しいということです。

転職活動の期間は1か月から3か月ほどになることが多く、応募社数は一般的に5社から10社、多い人だと20社以上になります。

つまり、この短期間に複数の企業研究、面接対策、実際の面接を行わなくてはいけないということです。

それも面接が行われるのは、ほとんどが平日の10時から19時まで。

土日休みの人は平日休みの人に比べて、面接の日程調整が難しいと感じることが多くなるかもしれません。
 

2:退職交渉が難航することもある

退職する前に転職活動をするデメリットの2つ目は、退職交渉が難航することもあるということです。

たとえば「新しい人が入社するまでは続けてほしい」「君が居なくなると困るから、考え直してほしい」というように、上司から引き留められることがあります。

ですが、退職交渉が長期化してしまうと、入社予定の企業にも迷惑が掛かってしまいますし、入社予定日までに退職できなかった場合は採用が取り消されてしまうことも・・・。

もし、どうしても退職を認めてくれない場合は、退職代行サービスを利用するのも賢い選択です。
 

退職する前に転職活動をする場合の3つのポイント

基本的には、退職する前に転職活動をするのがオススメ!

転職活動の時間を確保することが難しいということや、退職交渉が難航することがあるという問題をクリアするためには「有給休暇をうまく利用する」「転職エージェントを利用する」「退職代行サービスを利用する」という3つのポイントが大切になります。

それぞれ詳しく解説しましょう。
 

1:有給休暇をうまく利用する

退職する前に転職活動をする場合、1番ネックになるのが「転職活動の時間を確保すること」です。

特に、面接に行く時間がないという人が圧倒的に多いのではないでしょうか。

この問題をクリアするためには、有給休暇をうまく活用することがポイントになってきます。

 

面接は1社につき、だいたい1回~3回実施されます。

1日に1社ずつ面接に行っていたら、有給休暇の日数がすぐに足りなくなってしまいますよね。

そのため、有給休暇を取得したら、なるべくその日1日に面接の予定を集中させるのがオススメです。

午前中に1社目の面接、お昼過ぎに2社目の面接、夕方以降に3社目の面接というように、1日に3社ほどでしたら無理なく組むことができます。

面接の日程調整の際に、担当者に希望を伝えてみましょう。
 

2:転職エージェントを利用する

退職する前に転職活動をする場合は、転職エージェントを利用するのがオススメです。

実際、会社で働きながら転職活動を両立している人の多くは転職エージェントを利用しています。

なぜかというと、面接日程の調整や、企業についての情報収集、効率的な面接対策については、転職のプロが得意としている分野だからです。

成功する人ほど、忙しいときには他人の力をうまく利用しています。
 

3:退職代行サービスを利用する

難航しがちな退職交渉については、退職代行サービスの利用を検討してみるのがおすすめです。

転職エージェントは、転職活動スタートから内定までを力強くサポートしてくれますが、退職交渉までやってくれるわけではありません。

一方、退職代行サービスの場合は、あなたの代わりに会社へ退職の連絡までしてくれるので、心理的な負担がかなり軽減されます。

「上司と揉めてしまい、顔を合わせるのも気まずい・・・」というようなときは、退職代行のサービスを使ってスマートに退職すると良いでしょう。
 

「退職する前に転職活動をするメリット・デメリットとポイント」まとめ

今回は、退職する前に転職活動をするメリット・デメリットや、退職前に転職活動をする場合のポイントについてご紹介しました。

金銭面や心理面での安心が得られることから、基本的には退職前に転職活動を始めるのがおすすめです。

退職する前に転職活動をする場合は、時間確保や退職交渉の難しさに悩むかもしれませんが、成功のポイントは「有給休暇をうまく利用する」「転職エージェントを利用する」「退職代行サービスを利用する」の3つです。

ぜひ転職活動の参考にしてみてくださいね。
 

「退職代行」なら

365日全国対応!即日退職!

労働組合法人「退職代行ガーディアン」
退職代行料金:29,800円

労働組合法人運営なので退職時のトラブルもなく安心して任せることができます。退職代行の中では料金も良心的。相談は LINE・電話で。もちろん全国どこでも対応


詳しくはこちら 

Copyright© 退職代行のことなら「退職代行なび」 , 2021 All Rights Reserved.