退職代行の金額・相場感はどれくらい?

更新日:

退職代行の金額・相場感

近年注目を集めているサービスの一つに「退職代行サービス」があります。「退職代行」は比較的新しいサービスであるため、提供するサービス内容も業者によりバラバラで、料金も業者によって異なっています。

ということで、今回は「退職代行サービスの金額・相場感」について触れてみたいと思います。

退職代行サービスの料金体系

退職代行サービスの料金体系は「アルバイト」と「正社員」で金額を分けている業者が多いようです。

アルバイトの方が退職代行サービスを利用する場合の料金は3万円から4万円程度で、正社員の場合の料金は4万円から5万円というのが、一般的な料金相場です。

退職代行に付随して、会社とのトラブルが起きた時にも対応できるかどうかでも料金は異なり、弁護士事務所が運営する「退職代行サービス」であれば、アルバイトの場合で6万円、正社員の場合で10万円という業者もあります。特に正社員の場合には、業者によって料金格差が大きいので、慎重に業者選びを行うようにしましょう。

 
 

退職代行業者選びのポイント

退職代行業者を選ぶ際、表示料金を見て安さだけで選んでしまう人もいますが、それでは失敗してしまう可能性があります。表示料金の安さだけではなく、いくつかのポイントに注目することが大切です。

そんな退職代行業者選びのポイントで最も重要なのが「オプション」についてです。

退職代行業者の中には「基本料金」と「オプション料金」を分けているところもあります。そのため申し込みを行う前に、この料金システムについてよく確認する必要があるでしょう。

例えば、正社員の退職代行で料金が3万円と安く見えても、退職交渉が長引くとオプション料金が加算されて非常に高くなってしまったりすることがあります。オプションを希望しない人にとっては、格安で済ませられるかもしれませんが、オプションをたくさんつけたいと考える場合には、一律の料金でサービスを提供している業者を利用する方が最終的には安く抑えられるかもしれません。

退職代行の基本料金に含まれるもの、含まれないもの

退職代行は会社への退職連絡を代行するサービスです。基本的に 退職に伴う会社とのトラブルを解決するサービスではない ということに注意が必要です。

上記で触れた通り、深夜対応や休日対応、即日対応などがオプション扱いになる、ならないの違いはありますが、退職代行の業務範囲は会社への退職の通知など退職に関わる連絡作業で、一般的な基本料金ということになります。

退職時に発生したトラブルの解決に伴う業務については、どの退職代行業者でも別料金になりますので覚えておきましょう。ちなみに、法的な争いを解決する際、業務として弁護士以外が行うことは禁じられていますので、退職のトラブルも専門家に解決してもらいたい場合は、弁護士が運営する退職代行業者を選ぶようにしましょう。

退職代行の金額・相場感 まとめ

  • 退職代行は「会社への退職連絡を代行してもらうサービス」ということを理解しましょう。
  • 退職代行は見た目の金額だけで選ぶのではなく、自分にとって必要なサービスを含むといくらになるのかを確認するようにしましょう。
  • 退職に際して会社側とトラブルが起こったり難航しそうな場合は、弁護士が運営する退職代行サービスを選びましょう。

「退職代行」なら

365日全国対応!即日退職!

労働組合法人「退職代行ガーディアン」
退職代行料金:29,800円

労働組合法人運営なので退職時のトラブルもなく安心して任せることができます。退職代行の中では料金も良心的。相談は LINE・電話で。もちろん全国どこでも対応


詳しくはこちら 

Copyright© 退職代行のことなら「退職代行なび」 , 2020 All Rights Reserved.